解説:現代の「男らしさ」という概念について、どのような方向性に向かっているのかを討論する動画です。

これは本当に希望が持てる。 まさにジャーナルリストだ。 興味をそそるし、オープンで、かつきちんとした説明がある。

イマン・アムラーニを雇った人は誰でもメダルに値するな。

なんでイマンがメダルもらえないんだ。 けどまあ、大事な仕事だ。

彼女は彼を打った。 真実は強力だ! トランプ2020

2:23で彼女は女性ジャーナリストをフェミニストと混同した。これらの問題を議論するとき彼女があなたにある物語を売ることを試みているのを忘れないで。


今のところ、JPの最高の主流作品。 ガーディアンに感銘を受けたと言って非常に驚いた。

えー、まだガーディアンだな。 小型新聞のゴミを捨てないで。彼らとのインタビューを受けたことがあるなら、必ず彼らの記者のうちの1人をボディスラムしてください。自業自得だ。 このジャーナリストは、ディスカッションを成熟させる方法の一例をあなたに示しただけです。 それでもあなたは正反対をすることにした。 私はあなたが適応する意欲がないことに困惑しています。 真剣に受け止めたい場合は、そのような行動をやめてください。 あなたはJPのイデオロギーを代表する代表者ではないし、JPもガーディアンも大好きではない。

実際、Guardianを致命的な脅威と見なすのはまったく公平です。 ますます敵対的なメディア環境のため、私はクライアントに英国ではもうビジネスを行わないようにアドバイスしました。 私はこのビデオシリーズを望んでいますが、ガーディアンのスタッフの一員を茶の間に入れてはいけません。 私は決して言うことがない人ですが、私は決してしないという意味です。私はすぐにクランスマンとパンターを同時に招待するでしょう。 少なくとも出て来ることは「ひどくない」かもしれません。

The Guardianの意外なペースの変化。 彼らが新しいメディアの時代にそれを作りたければ、彼らはこれ以上のものが必要。


疑いの余地はありません。ガーディアンが、インターネット上の市場で実際に見ている市場とはまったく異なる、実際に真剣に話し合っていることを除いて、ガーディアンが試みると考えていることです。


後のエピソードが、男性がどのようにして脆弱になることを許されるべきか、そして何ではないかという同じ古い話題のポイントにちょうど到着するまで待つだけでよい。 彼らは物事を変えていません、彼らはただちょっと素朴な男性をナマズにすることをちょっと再パッケージ化しただけで、当然のことながら彼女のいわゆる低い特権のために食物連鎖でそれらの上にいるヒップのイスラム教徒の女性によって理解されます。


戦争が始まると、私は彼らが実際どちら側にいたのかを思い出すでしょう。 私の方ではありません。


これはジョーダン・ピーターソンと彼の作品に対する驚くほど公正でバランスの取れたアプローチです。 このようなものがガーディアンから来ることを期待することは決してありませんでした。シリーズの残りを待つことができません!


ガーディアンからの公正かつ誠実なジャーナリズム? これは今月1日にアップロードされたはずですか?


これは本当にショック。 素晴らしい、このように続くことを願っています!


このコメントに全面的に同意、特に「このように続けられることを望みます!」


最終的に退行的なナンセンスに退化すると思うけど、みてみたい。